耳硬化症の手術の体験談を派遣社員が語るブログ

断捨離や節約そして耳硬化症の手術まで経験してしまった体験談のブログです。

耳硬化症治療で聞こえを合わせる補聴器調整のプロが持つ資格とは

    f:id:haken1000:20170913234251j:plain

 

病院を通して補聴器を購入予定になっていて、どの補聴器が良いのかを試しているところなのだか、様々な疑問が出てきました。

 

補聴器に関しては以前から全く知識はなく、アブミ骨手術が現在出来ないという理由から急遽補聴器の使用を検討することになっています。

 

メーカーの種類も知らなければ、それが日本製なのか海外製なのかもわかりません。

調べ始めて浅いのですが最初にぶち当たった問題は、補聴器の調整に関してです。

特殊な機能だから高額なわけですよね・・・

 

otosclerosishaken.hatenablog.jp

 

補聴器によっては合う合わないがあるとは良く聞く話しです。

 

そこで私の疑問です。

1.耳に合わせた補聴器の調整を行っていないからではないのでしょうか。

 

補聴器によって様々な特徴があると思います。

例えば私がお借りした機種でいうと、1台目は日本製ですが、音の抑制は音が一瞬止まります。

 

抑制が機能するのは、突然発せられた大きな音や高い音です。

自転車の止まる「キキー」という音や、「パン」や「パチン」といった弾けた音です。

 

この時、音が途切れますがすぐに回復し元に戻ります。

通常の音に関しては、一定の音量と音質を保っており、安定的な聞こえでした。

 

2台目は海外製なのですが、音の抑制は絞られた感じで小さくなります。

この機種では、前回の日本製の機種に比べて人の多い場所では急激に人の声が聞こえなくなります。

 

そして、周りの雑音の方が人の声よりもより全面に出てくるイメージです。

 

このように感じた2つの補聴器の特徴ですが、使用者が違えば感じ方も違ってくるわけです。

聴力データも違うし、細かい聞こえも違います

 

上記を踏まえた上で私の疑問1.に対しての考えは

以下のようになります。

 

・補聴器が合う合わないと言われているのは、病院で確認した聴力検査のデータのみを入力しただけのもののため、異なる特徴を持つ2機種では違う結果として聞こえることになる。

 

異なる特徴を持つ機種であれば、その特徴を考慮した上でデータの入力が必要になると考えます。

 

おそらく、微調整なしで自分の耳に合っているというのは聴力データの入力を行っただけで十分な聞こえを確保出来たということではないのでしょうか。

 

また、自分の耳に合わないというのは、機種の持つ特徴を考慮したデータの入力をすれば自分の耳に合った補聴器になることが可能なのではないかと考えます。

 

補聴器が合わないとなると、機能も金額も高いものを勧められます。

けれど微調整、すなわちしっかりしたフィッティングを行っていないうちに高いものを購入したところで結果は同じだと考えます。

 

聞こえの度合いによっては、高機能のものが必要な方もいらっしゃるでしょう。

しかし、誰もが必要だとはどうしても思えないのです。

 

補聴器の調整とは、聴力のデータに合わせたものではなく実際の耳に聞こえているものに合わせるという意味が含まれているのではないかと考えているのですが、実際にそれを行ってくれているお店が少ないのかもしれません。

 

そう思える理由は、実際に私がお借りしている補聴器の調整時に私の耳を使って調整したわけではなく、調整者、すなわちお店の人が自分の耳で調整をしたものだったからです。

 

2.補聴器を自分の実際に聞こえている耳に合わせるためにはフィッティングのプロフェッショナルにお願いする必要があるのではないか。

 

フィッティングのプロフェッショナル・・・おそらく認定補聴器技能者のことではないかと思う。

 

この資格は、耳鼻咽喉科専門医の指導と4年間の販売を同時に経験し、専門的な知識を得た者のみが受験できる資格をもち、その資格試験での合格者だけが保持出来る資格なのです。

参照:公益財団法人テクノエイド協会より

 

そしてこの認定補聴器技能者は耳鼻咽喉科専門医と連携を常に保って、聞こえのサポートを行ってくれていて、技能者が在籍しているお店での購入を薦めてもいるわけです。

 

参照させてもらったサイトでは認定補聴器専門店も確認出来るシステムもあるので資格保持者の在籍店を希望しているのであれば役に立つでしょう。

https://www5.techno-aids.or.jp/shop/search.php

 

ただし、認定補聴器技能者が必ず対応してくれるわけではありませんので、希望する場合はあらかじめ伝えておく必要があるかもしれません。

 

何故なら、お店に居ない可能性もあるからです(*^^*)