耳硬化症の手術の体験談を派遣社員が語るブログ

断捨離や節約そして耳硬化症の手術まで経験してしまった体験談のブログです。

マネーオーダーって何?

国際為替.jpg ※イメージです 大使館でスタンプを頂いて来ました♪彼が^_^ 大使館の方のヘルプもあり、「数分」で終了したそうです♪ 無事にスタンプがもらえて良かったな〜って、いつも最悪の事態を考えている私はホッとしています(笑) 次に準備するのは、パスポート用の写真。 そして、マネーオーダーです。。。。。。 マネーオーダー??c(゚.゚*)エート。。。 言葉は聞いたことあるけれど、それは何なのだろうか.... また1つ学ばなければならないようです。

国際郵便為替

マネーオーダーとは、国際郵便為替です。 郵便為替っと聞くと、イメージしてしまうのは「定額小為替」。 郵便局で発行してくれる、先日受理証明書の取り寄せで役所に提出した「小切手」のようなものです。 国際郵便為替は、その海外版のようなものでしょうか。 [今回の手順] 1.郵便局でマネーオーダーの利用をお願いします。送り先は彼の実家。 2.彼のご両親が受け取って、それを日本に送ってくれます。 3.ビザの申請でステップ1の書類を送る際、一緒に同封します。 その金額は$420です。 この手順、面倒じゃないの? 郵便局でマネーオーダーをアメリカの請願書提出場所へ送る事は出来ないのかっと聞いてみると。 答えは「NO」だそうです。 理由を説明してもらったけれど、正直よく解らなかった(笑)

その他に準備する物は何?

この時点で、やっと人それぞれ準備するものが違うんだな〜っと理解してきました。 ほぼ毎日時間がある限り、色んな人のブログで学ばせてもらっています。 申請者の状況が色々違う事に加え、その時々で揃える書類が変わるようです。 そして、要する日数も本当に色々でした。 ビザが発行されるまでの期間で一番長かった人が、2年半。 一番短かった人が7ヶ月。 一番多かったのは、10ヶ月でした。 一番最初にシカゴのUSCIS(アメリカ移民局)に送った後、許可が降りてからNVC(ナショナルビザセンター)のプロセスが始まります。 このプロセスにとっても時間がかかるようで、沢山の方々が連絡が遅くて心配されていました。 私たちはまだUSCIS(アメリカ移民局)にも書類を遅れていないから、もっと先の話なのだけれど。 今からもう心配しています(笑)