耳硬化症の手術の体験談を派遣社員が語るブログ

断捨離や節約そして耳硬化症の手術まで経験してしまった体験談のブログです。

日本のビザの更新、日本人配偶者が必要な書類は?

ビザ更新.jpg

※イメージ画層です

日本のビザ更新が必要な年。

有効期限、最初は1年でした。

次は3年、その次は5年です。

最初にビザを申請した時から、あっという間に月日が流れてしまっているんですね〜

あの時は、本当にあたふたあたふたしていて。

周りに同じ境遇の人は1人も居ないし、何回も何回も移民局に電話して説明をしてもらったり。

「ビザの許可がおりない人もいる」というブログを読んだりすると、急に不安になって最悪の結末を想像してみたり。

彼にのほほ〜んっと、「大丈夫、大丈夫〜」っと言われると、無性に腹が立ち、毎日疲れていたような気がします(笑)

準備した書類

私が準備したビザ更新に日本人配偶者が必要な書類

・戸籍謄本

・住民票(必要事項の基本は、夫妻の記載があり婚姻が確認できればOK)

・課税非課税証明書及び納税証明書

入国管理局に電話で確認したところ、両方が必要なので一番最新のものを準備してくださいとの説明がありました。

確認って本当に大事(^_^;)

最初は沢山確認せずに役所へ行って、詳細を色々質問されました。

確認していない私は「ビザに必要な書類が欲しいです!」と自信満々に答えたました(笑)

もちろん、役所ではわからないと言われます。

ビザ申請手続き書類の確認は大切!

住民票に関しては、続柄の記載があればOKなので、国籍や在留期間等の記載は必要ななし。

課税非課税証明書と納税証明書は最新年度分。

最新年度分ってよくわからないから、具体的に何年度分かを確認しました(^_^;)

今年申請だとすると課税非課税証明書は2016年度、納税証明書は2015年度(2014年分)。

これはビザ申請者本人の分か又は日本人配偶者の分なので、どちらの分でも良いそうです。

入国管理局の人も丁寧に教えてくれるので、ちょっとでも不明なだ〜って思ったらすぐ電話。

本当に沢山助けて頂きました(*^^*)

今回の更新では彼は1人で行きましたが、私の誕生日を確認されたそうです。

違う意味で覚えていてくれて良かったなぁ〜っと思っています(*^^*)

ビザをもらえるまでの期間、大体3週間ほどでした。

こんな時、本当に国際結婚なんだな〜っと実感させられます(笑)