耳硬化症の手術の体験談を派遣社員が語るブログ

断捨離や節約そして耳硬化症の手術まで経験してしまった体験談のブログです。

断捨離の意味をまだまだ勘違いしているかもしれません...

断捨離していて、自分が今必要だなぁ~って思う物と、旦那さんが必要だなぁ~って思う物が異なるので、プチ喧嘩に発展してしまう事もあるんです...

(´_`。)グスン

今回は、断捨離の意味をさらりと言ってくれた旦那さんに感謝しています。

今回、調理器具で言い合いになってしまいました。

問題ものは鍋です...

断捨離の意味をまだまだ勘違いしているかもしれません...

中華鍋です。

我が家には今、大きめのフライパンが1つ、大中小の鍋が3つ、特大鍋が2つあります。

さらに大きめの鉄板が1つ。

家族2人ですよ?ヽ(゚ロ゚;)キェーッ!

こんなに要らないと思う...

そして新たに加わる予定の中華鍋...

一体どこにおくのぉ~~!

わたしが欲しいなぁ~っと思うのは卵焼き用のフライパン。

でも、旦那さんは小さいから要らないって。

置くところもないんですけどね...(ノД`)・゜・。

断捨離中なのになんで物を増やすのよぉ!っと文句を言ってみたところ、彼のお言葉は...

「断捨離って不要なものは処分して、必要なものだけ残すんでしょ?」

「ここにある調理器具で使わないものは1つもないし、それぞれ使う用途が違うわけだしねσ(゚ー^*)」

笑顔でさらりと言われてしまいました...トホホ

でも、その通りなんですよね...

断捨離で物を少なくする事に躍起になっていて、必要なものまで捨てようとしていたのかもしれない...

不要な物って言うのは、今生活の中で使っていない物。

たとえ実際に自分の手で使っていない物でも、心で使っていれば今使っている必要なものになる!

自分にとって大切な物であればとっておけばいいんだと思いました。

考えても考えても捨てられないもの、今使っていて必要なもの。

最終的に残ったものが、本当に必要なものなんだろうなぁ~っと。

ものすごくブルーになりながら、嫌々捨てることではないということ。

毎日の思考は日々変わっていくので、捨てられなかったものも要らなくなる時が来るかもしれないし、今必要だったものでも未来には不要になっているものもあるしね。

また1つ勉強になったような気がします(*^_^*)