耳硬化症の手術の体験談を派遣社員が語るブログ

断捨離や節約そして耳硬化症の手術まで経験してしまった体験談のブログです。

溜まってしまう書類をドロップボックスで収納

捨てても捨てても溜まってしまう紙類。

捨てられない書類やテキストもたくさんあります。

紙ってかさばるし、捨てても終わりがないんです...

今までは用途別ファイルを作って1枚ずつ入れ、保管していました。

紙なのでファイルに入れないとボロボロになっちゃうし、紙のまま重ねてしまうと探したいものが見つからなくなっちゃうんです

(・ε・`*) ...

ファイルの数は増えていくし、捨てることは出来ないし...

いつも全部を見ているわけではないけれど、突然確認したりしたいからどこかにしまっておくわけにもいかない...

常に目の見える場所に置いてあるんだけれど、やっぱり管理は大変。

そこで、ドロップボックスに収納してしまう事にしました。

ドロップボックス

我が家にスキャンしたり印刷したりするプリンタはないので、コンビニでスキャンします。

1ファイル分ごとにスキャンして、PDF化します。

それをUSBスティックの中に収めます。

今度はUSBからPCにダウンロードしたドロップボックスへ移動させます。

任意の名前をつけファイルで管理します。

いつも常に見ているものでもないし、契約書等でもないのなら紙としてとっておく必要がなかった。

もっと早くやっていれば良かったなぁ~っと思います。

ドロップボックスを無料でダウンロードするとPC内に専用フォルダが出来ます。

その中で保管しておくと、異なるデバイスでも見る事が出来るようになるっというものです。

スマホにもドロップボックスを取り入れ、PCで作った同じアカウントでログオンします。

PCとスマホ間で同期するので、出かけている時でも保管しておいたものを確認する事ができます。

わたしのボックスには手習いのテキストや楽譜、写真やエクセルやワードで作ったデータも入れてあります。

わたしは方向音痴で、出かけるとだいたいスマホナビを使っているのだけれど、使えない場所に行った時はドロップボックスに入れた地図が大活躍します。

例えば、山登り。

頂上へ行くにはどの道を歩いていけばいいのか、ナビは教えてくれなかったんです。

(´Д`ι)アセアセ

他の人とも共有出来るのもとっても便利。

例えば、家族と共有出来るフォルダを作っておくと、今日必要だった書類を忘れてしまってもマウス1つでドロップボックスに入れてもらえます。

(^^;)

そして、友人と共有出来るフォルダを作ると、遠くにいても情報を共有出来たりします。

写真を数回に分けてメールで送ることがなくなるんです

(∩_∩)

こんなに便利なのに、今ある紙媒体をデータ化してPC保管することを全く思い浮かばず...

今実行です...

これで、カラーボックス下段はスッキリです!

( ̄ ̄▽ ̄ ̄) ニコッ