耳硬化症の手術の体験談を派遣社員が語るブログ

断捨離や節約そして耳硬化症の手術まで経験してしまった体験談のブログです。

不要な物はNGOへ寄付してみるという方法もあるかも

近々、会社のお引越しが予定されています。

なので、荷物の片づけが始まりました。

山のように出てくる不用品

書類はもちろんの事、CDや雑誌・本、使えなくなっているボールペンやペンケース名刺入れ。

壊れたPC関係のアクセサリーや使わなくなったケーブルなど。

代々受け継がれているため、捨てていいものやら捨ててはダメなものやら。

判断もつかないまま、今までずっと保管され続けてきたものも出てきました。

より選別に気を配る会社のものたちだけれど、一番多いな~っと思ったのが使用済みのインクカートリッジや使用済みの切手など。

誰かが寄付出来ることを知っていてとって置いたのかもしれないけれど、寄付しないまま放置状態になってしまっていたものたち。

引越しすることで、やっと顔を出し始めました。

会社の人がどこに送ろうとしていたのかは分かりませんが、わたしが見つけた送って寄付が出来る場所はこちら。

途上国の妊産婦と女性を守る「ジョセフ」

送れるものは7種類

・切手や書き損じたはがき

・ランドセル

・学用品

・使用済みインクカートリッジ

・商品券・クーポン券

・コイン・紙幣・貴金属類

・古本・CD

これらを送ることによって、支援金となったりそのもの自体を再使用したり誰かのために役立ってくれるようになります。

会社のお引越しで送れるのは切手類しかないけれど、お引越しが終わってから出た切手類の重さによって送ってみようと思います。

自分には不要でも世界中のどこかで必要としている人に使ってもらう事が出来る。

不要なものをどうするか...それを意識していることによって様々な方法があるという事を知る事が出来ます。

送って寄付出来るのはNGOの他にNPOもあります。

気になるところをチェックしてみると断捨離で出た不用品が誰かに役に立つことがあるかもしれません。

これも、断捨離のよさの1つなのかなぁ~っと思います。

寛太の家にはもう送れるようなものは残っていないけれど、どこかでそれを見つけた時は是非送ってみたいな~っと思います。