耳硬化症の手術の体験談を派遣社員が語るブログ

断捨離や節約そして耳硬化症の手術まで経験してしまった体験談のブログです。

新しくやってきた中華鍋のお手入れ方法~

新しく中華鍋か今日やってきました~

以前に置く場所がないと旦那さんと言い合いになった鍋です

喧嘩の原因の鍋

断捨離中でも新しく家にやってくると嬉しい♪

置く場所はないんですけどね...

(_ _lll)ァハハ・・・

鉄板や中華鍋ってお手入れが重要なんですね...

ちゃんとお手入れをしないと、すぐ焦げ付いてしまって使いずらくなってしまうんだとか...

旦那さんのお手入れ方法です。

中華鍋を使い始める前に、最初に空焼きをするそうです。

黒い煙がもくもくと出始めたら火を止めて、水で鍋を洗います。

しっかりと洗い流したら、水気を綺麗に拭き取ります。

これが買った最初にしておく事だそうです。

この鍋についていた説明書には、黒い煙がもくもくと出た後、火を止めてクレンザーを使って洗うと書いてありました。

なので、旦那さんは今回はクレンザーを使って洗うかもしれないそうです。

鍋によって、方法が異なるのかもしれません。

大きさは16インチなので約43cm位です。

新しくやってきた中華鍋のお手入れ方法~

鍋を使った後は、クレンザーを使わず水だけで洗います。

綺麗に水気を拭き取り、油を塗っておくそうです。

これをしておく事で、焦げつかず錆つくこともないようなのです。

既に家にある鉄板は少し違っていて。

初めに空焼きなどはしないそうです。

鉄板が熱くなったら油をいれ、そのまま焼きます。

鉄板を使った後は、クレンザーを使って洗います。

通常は熱いうちに水で汚れをしっかり洗い流すだけのようなのですが、取っ手のない鉄板で冷めてからでないと動かせないのでクレンザーを使って洗い、しっかりと水でゆすぎます。

水気を拭き取ったあとは一度火にかけます。

しっかりと水気が飛んで乾燥したら、油を塗ります。

そして次に使う時まで保管です。

これが旦那さんのお手入れ方法です。

今まで自分で使う事のなかった料理道具だけれど、こうしてお手入れ方法など聞いてみると、ご飯が美味しく頂けるのいつもお手入れをしてくれているからなんだなぁ~っと思います。

物を大切にするって事は、長く使っていけるように日々のメンテナンスを怠らないって事なんですね...