耳硬化症の手術の体験談を派遣社員が語るブログ

断捨離や節約そして耳硬化症の手術まで経験してしまった体験談のブログです。

新しくレイアウトしたい家具探しのポイント

少しずつ安いものを買いそろえた結果、高さの違う収納BOXが部屋に配置されています。

見た目はごちゃごちゃした感じ。

今回の入れ替え目標。

高さを揃え、大きめの収納BOXにまとめ、何も置いていない空間を作ること。

現在キッチンは作業スペースが小さいので、カウンター式のダストボックスを使用しています。

今回入れ替えようと思っているのはこのダストボックスです。

部屋が小さいので、活用出来る空間は「上」です。

床の上に腰位までの家具を置いた場合、その上の空間は空いてしまいます。

カウンターの上に別のボックスを置いて収納を作るという方法もあるけれど、固定されていない為危ない!

ここをどのように変えたらいいのか...

ホームセンターへ見に行ってみました。

選ぶ基準は安くて、何にでも利用できる棚です。

目に入ったのは「メタルラック」です。

4段タイプや5段タイプだと4000円~5000円程で買う事が出来ます。

ポイントは、段の位置を自由に変えられる事。

フックの位置を変えるだけで、任意の場所に段を配置する事が出来ます。

キッチンシンクの高さに合わせて、段の位置を固定します。

天板をおけば作業スペースとして使えると思います。

少し金額が高くなるけれど、天井に4隅のポールを固定させるタイプもありました。

地震対策が出来ます。

高層マンションなど、上階に住んでいると地震の揺れが大きくなります。

収納家具を固定させておくと、被害は最小に抑えられる。

メタルラック

メタルラックを使用した場合、床とラックの間に空間が出来ます。

床に密着していない分、床の掃除が楽に出来るなぁ~♪

今考えている使い方は、キッチンシンクの横に配置。

下から重い順に物を置いていきます。

一番下の棚に分別用のゴミ箱を設置。

分別用のゴミ箱上の棚には重めのもの。

ジューサーやミキサー、ブレンダーなどを入れていた3段タイプのカラーボックスの中身もここへ入れ替えです。

その他は調味料の段や、キッチンペーパーなどの小物置き場。

作業スペースを確保して、その上の空間も利用できるようにしたい!

そんな風に考えているこのメタルラックですが...

現在は想像のみです^^;

イメージ図

シンク周りイメージ図

まずは、壊れたシンクの交換をやってもらわなくっちゃ

(´∩`。)グスン