耳硬化症の手術の体験談を派遣社員が語るブログ

断捨離や節約そして耳硬化症の手術まで経験してしまった体験談のブログです。

梅雨時期に大活躍するコインランドリーでしっかり乾かすコツ

より安く乾かすためのコインランドリーの使い方

梅雨の時期が近づいてきました。

毎日雨だと困るのは洗濯物です...

我が家では解決したはずの鳥害対策

新たなる問題で、梅雨時期以外もコインランドリーにお世話になっています。

(鳥害対策でヒンヤリ事件⇒鳥対策の方法

一難さってまた一難といった感じだろうか...

(; ̄∀)アハハハ

我が家の階には来なくなった鳥たち。

もう大丈夫!だと思っていたけれど、考えが甘かった...

なんと!鳥たちは我が家の上の階へ遊びに行っていたようです。

洗濯を干している時、「ポタン...」

白と黄色のものが上から降って来ました...

洗ったばかりの白いシャツの上にぃ~!

。・"(>0<)"・。ンモォ~

上を覗き込んでみると、ベランダの手すりに鳩が2匹。

夫婦で遊びにきてるのかな...

怒るに怒れない鳥たちの行動。

ただリラックスする場所を見つけただけなんだよね...

分かってるけど...悲しすぎる...我が家の洗濯ものが...

という事で、我が家の洗濯物の乾燥は毎回コインランドリーです。

半乾きもないし、大量の洗濯物を一気に乾かす事が出来るから案外楽ちん♪

近くのコインランドリーには14Kg用と20Kg用。

14Kg用は10分100円

20Kg用は7分100円

家庭用洗濯機の2回分は14KgでOKです。

30分乾燥させれば充分に乾きます。

この30分は必須時間なんです。

少し厚手のものや、しっかりと広げられていない洗濯物は部分によって完全に乾燥出来ず湿っています。

たった1~2分違うだけで、かなり違ってきました。

20Kg用で乾燥する場合は、7分単位なので30分に近いのは28分と35分。

30分の時間を確保したいので35分乾燥します。

乾燥時間を14Kgは30分300円、20Kgは35分500円。

洗濯ものが小さく丸まっていたりしわがあると乾きが遅い...

しっかり乾かすには、乾燥機の中に入れたら全部の洗濯ものをほぐし、なるべく広げた状態で乾燥させると半乾きはないんです♪

コインランドリーには「ドライソフト」という小さな箱が売っています。

私が時々使うのはうさぎの絵がついているドライソフト。

中身はペーパーですが、ソフターと同じ働きをしてくれます。

い良い匂いがするし、なにより嬉しかったのは静電気がなかった!

乾燥した洗濯もの同士が静電気でひっついてしまう事が多々あります。

ドライソフトを入れて一緒に乾燥すると、洗濯物同士は離れているし、静電気で「ビリビリ!」もない。

知っている痛さだけど、何回経験しても苦手です...

もう1つ私が楽しみにしているのは、自分1人だけの時間が出来る事~

考え事をしていても、本を読んでいても、何をしていてもその時間は誰にも邪魔されません(笑)

o(^O^*=*^O^)oワクワク

家にいても、何かとしなければならない事が出来て、自分だけの自由な時間ってなかなか取れないんですよね~

ε('∞'*)フゥー

たった30分でも貴重な私の自由な時間なのです♪

コインランドリーは自分の大雑把さがよ~く分かる場所でもあります

私が行っているコインランドリーではおじさまを多く見かけます。

几帳面な方が多く、綺麗にたたんでいて、私のように大雑把に袋につめて持ちかえったりしません(笑)

(⌒_⌒; タラタラ

以外と楽しめるコインランドリー

毎週1週間分の洗濯物を抱えてコインランドリーに行っています♪