耳硬化症の手術の体験談を派遣社員が語るブログ

断捨離や節約そして耳硬化症の手術まで経験してしまった体験談のブログです。

ダストボックスの目的、機能や用途で選びたい

ダストボックスキャスター付き

数年前から使っているダストボックスです。

キッチンシンクの高さと同じで、上はカウンターとして使えるこのダストボックス。

見た目は好きなんだけど...

ダストボックスの目的を果たす事が出来ませんでした

ε-(;-ω-`A) フゥ…

ダストボックスの目的は、ゴミを入れておくための箱です。

一番必要なのは、自分たちが出すゴミの数と、分別出来る箱の数が合っていることです。

5種類のゴミがあって、箱が2つでは目的を果たせていないという事。

そしてゴミの量です。

ゴミの量によって小さな箱では入りきらなくなります。

いくら自分たちが出すゴミの数と分別出来る箱の数が合っていても、出すゴミの量が入る大きさでなければ意味がないのです。

見た目だけで買ってはいけないダストボックス。

機能的で用途に合ったものが必要です。

我が家のダストボックスは、このダストボックスとして目的を果たしてくれる要素が少なかった。

部屋の広さも考えて買わないといけないダストボックス。

私は見た目だけで買ってしまいました...

ε=(‐ω‐;;)

よく考え、出した結論がダストボックスの処分です。

それに代わるものが先日買ったメタルラックです。

ラックは棚の位置が変えられます。

縦に長く、ゴミを入れるスペースを確保する事が出来ます。

ゴミの種類に対する入れ物を収納出来るスペース。

ゴミの量に対する大きさを作れるスペース。

この2つを兼ね備えているものです。

元のダストボックスに比べれば、ちっともお洒落じゃないし可愛くもない。

けれど、機能は十分に満たしてくれます。

何かを取り入れる時、機能や用途にあったものを選んでいきたい。

飾らず、シンプルに考えていければいいなぁ。

(u‿ฺu✿ฺ)