耳硬化症の手術の体験談を派遣社員が語るブログ

断捨離や節約そして耳硬化症の手術まで経験してしまった体験談のブログです。

間仕切りになった!我が家の新しい本棚

本棚を間仕切りとして活用しよう 私が1人で住んでいる時から使っていた、3段カラーボックスたちがいなくなりました。 背の低い収納から、背の高い収納へ変わり、部屋のイメージも変わってきました。 私流イメージで説明すると、可愛らしい小人からダンディーなおじさまになった感じでしょうか... (((( *ノノ) キャー 私は大きな窓のある部屋が好きなんです。 そして、その窓にはなるべく物を置きたくない... 背の高い収納で、部屋の中に影を作りたくない。 これが今までの私の思考でした。 壁に沿って家具を置こうと思うと、小さな部屋ではどうしても窓が一部ふさがれてしまいます。 背の低いものばかり家にあるのは、それを避けるため。 圧迫感が出ないようにするためでもあり、出来るだけ部屋を広く見せようとするためでもありました。 今まで使いたくなかった背の高い収納。 壁に沿って置くことはなかったんです... こうするべき!の概念。 すっかり断捨離しちゃいました♪ 背の高い収納は間仕切りになりました! 現在キッチンには背の高いメタルラックがシンク横に置いてあります。 キッチンの前には小さなカウンターがついています。 その小さなカウンターは旦那さんの作業場となっています。 キッチンとカウンターとの間にはこの字型の壁があり、部屋からはメタルラックが丸見えでした。 メタルラックの後ろ側、すなわちカウンターの横へ背の高い本棚を置くことで間仕切りとなったんです。 キッチン用品は全てメタルラックに収められ、床に置いてあるものもなくなりました。 本やちょっとした小物を置く場所として背の高い横幅のある本棚が活用された事によって、こまごまと部屋のあちこちにあった物が一カ所にまとめられました。 そして、メタルラックと本棚が背中合わせになっている事で、一体化しています。 これだけで、すごくスッキリしています。 小さな部屋の我が家は、大きな窓をもっと生かすべきだったんだと思います。 窓側には何も置かない。 壁に沿って家具を置かない。 新しい思考が生まれました。 (*^_^*) まだ壁に沿って置いてあるものがいくつかあるので、今後はそれも片付けていこうと思っています♪