耳硬化症の手術の体験談を派遣社員が語るブログ

断捨離や節約そして耳硬化症の手術まで経験してしまった体験談のブログです。

部屋の模様替えでインターネットが繋がらなくなった時の対処法(備忘録)

インターネットに繋がらない時の対処法

部屋を出来る限り広く使うために、断捨離&模様替えをしています。

今回は、テレビ付近の模様替えです。

テレビ付近にはコンセントの差し込み口があり、インターネットや電話線も全てこの位置にあります。

模様替えの時は毎回インターネットが使えなくなる...

そして今回も...

以前模様替えをした時、何も考えずに全ての配線を抜いてしまい、取扱説明書をみながらモデムやルーターの配線をしました。

けれど、インターネットは使用不可状態で1人で解決出来なかったんです...

機械音痴だからか余計に...

o(TヘTo) くぅ

前回、サポートセンターに教えて頂いた事をメモに残したはずなんですけど。

どこを探しても見当たりません...

もう我が家には不必要な紙類は残っておらず、どこかにしまわれてしまっているという事もありません。

断捨離で、全ての箱を開封し、選別して処分してしまったからです。

おそらく、選別した中にそのメモも入っていたと思います...

次回、また同じ状況になってしまった時のため

今回行った方法をブログに書き残しておこうと思います。

インターネットに繋がらない時の対処法

「VDSL」「V130」

①インターネットが使えなくなった時は、どちらも電源をおとします。

コンセントから抜く時の順番は、どちらからでも大丈夫。

抜いてから6分ほど待ちます。  

②6分経過したら、「VDSL」から電源を入れます。

「VDSL LINK」のランプが点灯するのを待ちます(約1分位)

③「VDSL LINK」のランプが点灯したら、「V130」の電源を入れます。

「PPP」のランプが点灯したらあ、PCでインターネットに繋がっているかを確認します。

④インターネットに繋がっていない場合、PCの再起動をします。

再起動後に再度インターネットに繋がっているか確認をします。

⑤それでも繋がらなかったら、再度「VDSL」と「V130」の電源を抜きます。

そして①から同じ動作を繰り返します。

注意点

1.「VDSL LINK」と「PPP」のランプは常時点灯が正常の状態。

2.電源を入れる時は、必ず「VDSL」から入れ認証確認(ランプの点灯)が確認出来たら、「V130」の電源を入れること。

配線の確認

1..「VDSL」のLANポートから「V130」のWANポートへ繋がっているか。

2.壁側の電話線から「VDSL」のLINEポートへ繋がっているか。

3.「V130」の電話機ポートから電話本体へ繋がっているか。

4.「V130」のLANポートからPCへ繋がっているか。

それでもダメならサポートセンターの方へ教えてもらいましょう。

゚+。(o・ω-人)・.。*