耳硬化症の手術の体験談を派遣社員が語るブログ

断捨離や節約そして耳硬化症の手術まで経験してしまった体験談のブログです。

本棚の整理整頓で捨てられない本と向き合ってみよう

本棚の整理整頓をしよう 先日入れ替えたばかりの本棚。 このラインなんだかとっても好きです♪ ・・・・・・・・・((* ・・*) スッキリ見えるラインというか。 綺麗にまとまって見えます。 好きの気持ちってとても大切ですね~ 好きな空間に囲まれて過ごす事が心地いいのを実感しています。 (*^_^*) 再度本の整理をしてみました。 本はなかなか捨てられない。 そんな経験をしている人も多いと思います。 私もその1人です。 整理を始めても、選別している内に読みだしたりなんかして。 ε('∞'*)フゥー 結局今回もなかなか捨てられず、整理整頓しただけとなってしまいました。 以前は小説が多かったのですが、今の本棚の整理をしてみると自己啓発系が多い事に気づきました。 一番多かったのは「引き寄せの法則」関連の本。 自分を変えるための本だったり、気持ちの入れ替えをするための本だったり。 今でも読み返すと、忘れていた事を再度気付かされます。 いつでも普段の生活を見直すために本を買っていたんですね~ ヾ(;´▽`A``アセアセ 水周りを常に綺麗にしておくだとか、玄関の靴は揃えて上がるとか。 定着している事もあれば、全く忘れてしまっている事もあります。 また実行するには良い機会なのかもしれません。 自己啓発系の本の中に1冊だけ不思議な本を見つけました。 どうしてこの本を買ったのかは不明。 「古事記」です。 もう中身はすっかり忘れてしまっておりますが (;´艸`)ぁぁぁ 本は沢山読むと色々な知識を得る事が出来ます。 誰かと話をする時にも、話題づくりになったりもします。 けれど。 あれこれ沢山読み過ぎると、せっかく得た知識でも自分の思考を広げるまでに至らない... 逆に得た知識をうまく活用出来なかったりもします。 自己啓発の本ならなおさらです。 また新しい本が欲しいなぁ~っと思っていましたが、次から次へと買うのは無駄遣いなんだろうなぁと思います。 捨てられない本なら、何度も読んで理解を深めてこそ本を買った本当の意味を見いだせるのかもしれません。 再度持っている本を読み返してみようと思います。 もちろん、この「古事記」も。 ヾ(;´Д`●)ノぁゎゎ