耳硬化症の手術の体験談を派遣社員が語るブログ

断捨離や節約そして耳硬化症の手術まで経験してしまった体験談のブログです。

シンプルに考えて、脳の悪い癖を止めさせよう

        脳の悪い癖を止めよう

 

 

よく旦那さんに「考え過ぎだ」と怒られたりします。

1つの問題にぶつかった時、先の先まで考えて行動しようとしてしまいます。

 

いつも頭の中が混雑していて、解決しないまま同じ事を何度も繰り返し考える事になります。

 

シンプルライフを送るためには、シンプルな思考も大切なのかな。

私の人生の中で、教えを頂き続けてきたのも、先を想定して動くこと。

 

頭の中でもいくつもの思考が存在し、常に混雑状態にあります。

からまり始めると大変です。

 

整理出来なくなった思考は、収集がつかなくなり混乱に陥ります。

行きつく先は、投げ捨て(笑)

 

元の問題までも、なかった事にしようとします。

リセットですね。

  

リセット出来るはずもないのですが...

。:゜(;´∩`;)゜:

  

全ての行動は、外部から入った情報を頭の中で処理する事から始まります。

その頭の中が混雑していては、行動を良い方向へ向ける事も出来ません。

  

旦那さんにいつも言われてしまうことは...

「1つの事に集中する」です。

 

何か物事を始める時、常に連想して色んな事を想定して動こうとします。

 

ここ1年の私の思考

「手術をする」⇒「仕事に行く事が出来ない」⇒「仕事がなくなる」⇒「収入がない」⇒「生活が出来ない」⇒どうする?

という経路になります。

 

他の考え方で言うならば、

「手術をする」⇒「改善がみられない」⇒「仕事をする事が出来ない」あとは同じです。

 

結局、ネガティブな発想しか浮かびません。

明るい未来ではなく、未知の不安。

そのため、行動しなければならない事も増えます。

 

余計な行動を増やし、元の問題を解決する行動をも遅くします。

 

一度考え始めると、この状態が繰り返し何カ月も続きます。

解決するわけもないんですけどね...

 

つまりは、手術をする事だけに集中して後の事は考えないという事。

それを目的としやり遂げる。

  

終わった後、次のステップを考えるという事。

そんなシンプルな事さえも出来なくなっている、私の頭の中です。

 

明るい未来へ、行動出来るようにするには、思考を変化させてココロを強くする事が必須なんです。

 

癖になってしまった、あれこれ考えてしまう思考。

どんな場面でもあれこれ考えてしまっています。

 

「シンプルとは」

単純で、簡単で、飾り気のないさま

 

これを忘れないように心がけたいと思います

(≧∇≦*)o"ェィ(≧∇≦*)o"ェィ(≧0≦*)ノ"ォゥ!!