耳硬化症の手術の体験談を派遣社員が語るブログ

断捨離や節約そして耳硬化症の手術まで経験してしまった体験談のブログです。

「この感じ知ってる...」デジャブで不思議な感覚

デジャブ体験

部屋が少しずつ整理されてくると、新しい事を取り込もうと脳が活発になってきました。

必要な事が何なのか...

必死に考えなくてもふっと頭に浮かんできたりします。

その日常の中で時々経験するのが「デジャブ」

私の「デジャブ」体験、久々やってきました。

頭の中に少しずつ他の事を考える為のスペースが出来てきたようなのです。

思考が圧縮されているのか、不必要なものは外に出て行ったのか。

やりたいと思う事が、頭の中で順序良く整列して並んでいます。

まずは知識を得たい。

どんな事でもそうだと思うのですが、したい事や欲しい物を手に入れるためには情報が不可欠です。

本を読んだり、誰かに教えてもらったり。

学校や塾で勉強をしたり。

自分の中に取り込む作業をしなくてはなりません。

今回、私はスクールへ話を聞きに行きました。

スクールは知識を習得するための、プロフェッショナルな場所です。

スクールでは、どのように勉強を進めれば良いかなど適切なアドバイスがもらえる他、担当者の持っている知識を教えてもらう事も出来ます。

スクールに入るのが目的でなくても、話を聞く事は出来るし、説明だけならお金はかからない。

知識を得るための準備にかかわる情報も得られる。

知識を習得するための説明を聞きに言ったはずが、昔の友人と話しているかのような楽しい雑談の場となってしまった今回の時間。

知識習得の話から、目に見えない不思議な力の話にまで幅広く展開していったその中で、ふと...

出たんです。

「この状況、前にも見た...」

私が担当者の方へ、知人の体験談を話しながら担当者の後ろ側にある壁に張られているポスターを見た瞬間です。

私が誰かに説明している状況。

壁に貼られている写真やポスターを見ている状況。

この部屋で今行われているこの風景。

「この感じ...知ってる...」

またもや不思議な気持ちになっています。

このスクールには初めて来たし、このスクールで扱っている情報が欲しいと思ったのも初めて。

同じように別のスクールで話を聞くような場面が過去にもあったけれど、デジャブはなかったなぁ。

「デジャブ」を調べてみると「既視感」という言葉が出てきました。

(参考:Wikipedia

初めてなのに、過去に経験した事のある感覚。

なんとも不気味な感じです。

デジャブの説明を読んで、また思いだした事がある。

映画「i origins」です。

目に宿っている、過去の記憶。

輪廻転生的な要素を含んでいると私は思っているこの映画。

本当にあるかも?なんて思っている私です。

目に見えない物を信じるには、深くその事を理解する必要があるけれど、実際自分がその一部でも体験してみると興味がわいてきます

(´-ω-`;)ゞポリポリ

全ての行動が目に見えない何かに導かれていたりするのかなぁ~って思ったりする1日となりました。

スクールの担当者の方にはたくさん私の雑談を聞いて頂き、ココロもスッキリ。

貴重な時間を与えてもらえて感謝です♪

d(^^*)