耳硬化症の手術の体験談を派遣社員が語るブログ

断捨離や節約そして耳硬化症の手術まで経験してしまった体験談のブログです。

フラフープで運動不足解消~

フラフープで運動不足を解消

幼少の頃から苦手だった体育

スポーツは基本ダメなタイプだったんです。

子供の頃は体も顔もまるっとしていて、マラソンは大の苦手。

ちょっとでも心拍数をあげるとフライパンで殴られたような頭痛の嵐...

現在もそれは全く変わっておりません(笑)

大人になってから、夜中にマラソンをしようと近くのグランドで走る事15分位。

息が出来なくなって倒れました(笑)

その時、始めて医者からマラソン禁止告知があったんですょ。

それ以来、走る事は避けていました。

けれど、運動で汗をかきたいですよねぇ~やっぱり。

汗をかくと体内の老廃物が外に出されるような気がします。

体の中にまで不要な物を貯め込んでいては、自然の法則とは間逆です。

運動の為に、激しくない有酸素運動を取り入れていました。

それは「フラフープ」です。

スタジオへ月数万円のお金を払わず自宅で出来て、有酸素運動が出来る。

これがフラフープの魅力です(笑)

なかなか長続きしない私が、何故今のところ続いているのか...

それは、思いのほかフラフープが出来ない自分に腹が立ってしまったから

( ̄▼ ̄|||)

3回まわらないんですょ。

背中側にフラフープをつけ、両手でフラフープの左右を持ち、勢いで回して1回。

腰を回して、フラフープが回らずに下に落ちます。

回しては落ち、落ちては拾い、拾っては回す。

これの繰り返しです。

え~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~!

子供の頃出来たのになんでぇ~~~~~~~~

(TwTlll)ガーン

特訓する事数日。

嫌になってフラフープを投げる場面もありで、拾う動作だけで汗が出てきます(笑)

フラフープは回すのにコツがあり、コツさえつかめば継続する事が出来ます。

1日10分もすれば100キロカロリー程消費してくれるとも言われています。

フラフープは全身を使ってする運動。

体でバランスをとってフラフープを継続して回せるようになると癖になります

(*^_^*)

右回りは数時間キープ出来るけれど、左周りはきつい...

o(TヘTo) くぅ

テレビを見ながら、「ながら運動」が出来ます♪

まだほんの数ケ月だけれど、このまま継続出来そうです

(*^_^*)