耳硬化症の手術の体験談を派遣社員が語るブログ

断捨離や節約そして耳硬化症の手術まで経験してしまった体験談のブログです。

禁煙生活1日目~3日目

禁煙生活1日目~3日目 禁煙生活を始めたのは、入院3日前からです(笑) 喫煙者は、全身麻酔の副作用がきつく、体が大変になるそうです。 なるべく手術後の副作用はない方が良い。 それに、麻酔科の先生に言われた一言で、禁煙チャレンジに火がともってしまったのです。 先生は、禁煙に誘導するのが上手かも(笑)

禁煙1日目

私の喫煙習慣は、お出かけ前のコーヒーと一服。 コーヒーを飲むと必ずタバコが吸いたくなる、っというか吸うのが当り前と言う習慣が出来上がっている。 禁煙を始めるのは最初が肝心。 最初の習慣を止める事をクリア出来れば、その日1日は吸わずにいられます。 その理由は、もったいないから(笑) いぇいぇ、それもあるけれど、たった1回でも吸わなかった事に自信がつくからです!(キッパリ!) 1日吸わないでいると、2日目は楽。 禁煙を1回でも経験した事がある人なら経験済みだと思うけれど、喫煙ワールドと禁煙ワールドって全く違う世界だと思いませんか? 勝手なイメージで言うと...2次元から3次元へと次元を移動しているような感じといえばいいのだろうか。 目で見ている景色は一緒です。 けれど、禁煙から喫煙をした直後にふわっとくる、「あれ」です。 酔っぱらっているという感じとも違います。 この感じが、常習性を高める理由でもありますが...

禁煙2日目

1日目がクリアできれば、2日目って案外楽なんです。 1日目でどんな感じになるのか経験済みだし、まだ始まったばかりで禁煙に集中もしているから我慢がきく。 この時大切だなぁ~って思うのが、喫煙者と一緒にいない事(笑) 目のまで吸っているのを見たり煙の匂いを嗅いだりする事になります。 それ...絶対挫折する... だって、まだ始まったばかりだから「明日から始めればいっかぁ~♪」ってなっちゃうんですよぉ(>_<) そして、もう1つ大切なのは禁煙最初はお酒の席も避ける事。 ビジネスマンの場合、かなり厳しい環境になるかもしれません... まだ禁煙を絶対的なものにしていない場合は、かなり危険です。 喫煙者ってお酒を飲むと必ず吸いたくなるでしょ? その席に喫煙者がいればもっと自分の禁煙は挫折に導かれてしまいます...

禁煙3 日目

3日目は、いつもの習慣が全くなくなってしまった為、うずき始めます。 手術の為の禁煙は、麻酔科の先生から1週間前から薦められます。 たったの3日前なら、禁煙してもしなくても同じだよ...だから吸ってもいいんじゃな~いっという声がどこからともなく聞こえてきます... 朝の一服はしなくても全く気にならなくなりました。 けれど、食後の後に一服はしたくてたまらなくなります。 食後は喫煙所が見える場所への移動は避けるようになりました。

禁煙を始めるにあたっての感想

禁煙を始めるにはタイミングがすごく大切だと思います。 中途半端に始めてしまうと、途中でどうしても吸いたくなって挫折してしまうし。 意を決して、吸い溜めをして始めても周りの環境がなかなか決心を固く出来ない環境だったり。 絶対的に吸えないという環境が初めにあると、続けやすいのかなぁ~って思う。 実際、私は入院という期間を利用しての禁煙実行となっています。 吸いたいと思えば確かに、院外で吸う事は出来ます。 けれど、病院なだけに体調がすぐれなかったり煙草を思い出させるような状況になかったりする。 そんな環境が最初にあったから、始めやすかったのかなぁ~っと思います。 何事もチャレンジが大切♪ 禁煙はきっと自分の世界を変えてくれます (*^_^*)