耳硬化症の手術の体験談を派遣社員が語るブログ

断捨離や節約そして耳硬化症の手術まで経験してしまった体験談のブログです。

Kindle充電に関してのトラブル解決方法

Kindle充電トラブル解決方法 2012年に購入した「MY KINDLE」。 購入したのはつい最近だと思っていたけれど、もう随分と時間が経っていたんですね~ なぜしみじみそんな事を思っていたのかと言うと、電源トラブルがあったからなんです。 ====

Kindle購入の目的

電子書籍の活用で、持たない暮らしに一歩近づこうと購入したのがこの「Kindle」です。 以前に書いたキンドルの活用で、小さく管理。節約ミニマリスト近づこう!も合わせてどうぞお読みください♪ それから数年、随分とKindleにはお世話になりました。 なんでもほぼ無料で使っていたKindle。 アプリや本、アマゾンプライム会員だと1カ月に1冊無料で本を読める制度もあって、読める本に制限はあるもののかなりお得に使わせてもらったなぁ~っと思っています。

Kindle充電のトラブル

今でも元気に動いてはいるものの、先日電池表示が赤色に変わっていたので寝る前に充電をしたのです。 次の日になっても充電が完了している様子がなく、おかしいと思いながらもさらにもうい1日しっかりと充電しました。 ところが...電池表示は「0%」。 それって、充電されていないって事ですよね? もう壊れてしまうほど長年使っていると言う事なのだろうか... 保証期間は終わってしまっているのだろうか... なにか改善する方法があるのだろうか... もう捨てなくちゃいけないのだろうか... っという事で調べてみたのです。

Kindle充電トラブルの解決法

多くの解決法は、アマゾンヘルプで探す事が出来ます。 検索窓へキーワードを入れて検索してみて下さい。 今回の充電表示トラブルについての解決策は「再起動」です。 再起動させるには「電源のボタンの長押し」です。 この方法はどのKindleでも同じだと思います。 長押しすると表示される言葉が異なるだけ。 私のKindleはシャットダウンを選択し、再度電源を入れ直します。 他のKindleでは再起動を選べるようになっていたりするようなので、再起動を選んで下さい。 再度電源を入れると、「0%」となっていた電池表示が正常に戻っています。 充電時の何かのトラブルで誤表示になっていただけのようです。 これでも改善されない場合は誤表示だけではなく、違う理由が考えられるのでヘルプデスクへ問合せが必要だと思います。 長年使っているから壊れたのかもっと諦める前に、まず試してみて良かったなぁ~っと思っています (*^_^*)