耳硬化症の手術の体験談を派遣社員が語るブログ

断捨離や節約そして耳硬化症の手術まで経験してしまった体験談のブログです。

耳硬化症-退院-抜糸

    f:id:haken1000:20171020195534j:plain

 

入院してから5日目。

あっという間に、色んな事が終わっていった...

 

あとは抜糸を待つだけで、な~んにもやる事がなくちょっと病棟に邪魔だと先生が(笑)

なので、自宅待機となりました。

 

本日退院です♪

 

 

退院当日

 

す~っかり朝型人間となりました。

6時近くなると目が覚める...病室が窓側だったという事もあるのかもしれない。

カーテンはせずに、朝の日の光で目が覚める感じだったんです。

 

朝早く起きるので、自然と夜は早めに眠くなります。

周りの電気が夜9時には消える...

 

食事の時間が楽しみで、美味しくかみしめながら味わえる。

食べられる健康な体に、今本当に感謝しています。

 

至れり尽くせりだった病院。

先生の絶対大丈夫だというちょっと軽めの宣言、そして安心させようと先生とスタッフが一丸となって私を助けてくれる。

身体全部を助けてくれる。

 

今はまだガーゼが詰まっていて、耳はクリアではない。

左耳も低下しているので、人の会話を聞きとるのが少し困難。

けれど、圧定の上から爪でひっかくと”ガリガリ”と音がしていた事で、失聴せずに済んだ!

 

ガーゼを取ればきっと聞こえる...

 

 

 

手術から6日目-抜糸

 

耳の中でポコポコと音がしています。

なんだろう...この音。

この音がすると、突然音が聞こえ出したりして少しびっくりする。

聞こえてる?これって聞こえてるってこと?

 

とにかく抜糸です。

ガーゼもぜ~んぶ取れて、中に入っていた異物もきれいにとってもらってスッキリ!

 

あ...聞こえる?

これ...聞こえてる?多分聞こえてる!

 

聞こえなくなる前に戻った訳ではない。

聞こえ方が明らかに違う。

けれど、聞こえている。

 

色んな音がいっぺんに入ってくる...ちょっとうるさい(笑)

今まで聞こえなかった分、突然聞こえてくる音に敏感になっていてびっくりする。

おっかなびっくり街を歩き、恐る恐る電車にのる。

な~んか、面白いかなぁ~(*^_^*)

 

耳はまだ少し痛い。

少ししっくりしていない感じ。あまり触れないのでよく解らないけれど、感覚はにぶく触っている感じもよくわからない。

 

味覚の神経も残してくれていると先生が言っていた。

けれど右側の感覚が今はない。

味を感じないんです...

時期に戻るようなので、全ては少しずつ様子をみていくしかないですねぇ。

 

 

 

今後気をつける事

 

・気圧の変化があるような場所へは行かない事(飛行機など)

・内耳に水が入らないように気をつける(水泳ももちろんだめよぉ)

・山登りも当分禁止

・薬は忘れずに服用する事

・格闘系のスポーツは禁止

 

もう聞こえる事がないと思っていた耳。

困難な手術をして下さった先生、そして術前術後の体力回復に向けてフォローして下さった病棟の皆さま。

私の職場の人からの熱い言葉、私の家族の支え。

 

今回の手術では、本当に沢山の人から沢山の力を頂きました。

ありがとうございました!

 

まだ通院は続くので、どのように変化していくのか、まだまだ続きますよぉ~(*^^)v