耳硬化症の手術の体験談を派遣社員が語るブログ

断捨離や節約そして耳硬化症の手術まで経験してしまった体験談のブログです。

手術からあっという間の1カ月後の受診

時間がたつのは本当に早い

手術からあっと言うまの1カ月受診です。

時間がたつのは本当に早いです。

時計の針を逆回しにしたいくらい時が進むのは早い...

見た目は良好です。

(*^_^*)

傷口は全く見えません。

小さすぎて、手術をしたようには見えません。

違和感を感じているのは本人だけです(笑)

聞こえについて

随分と聴力がアップしました。

今までは人の会話の声が理解出来るほど、音を拾う事は出来ませんでした。

現在では通常の会話は前にくらべると聞こえるようになっています。

以前より30~40dbほどアップしていました。

左耳はあまり聞こえていないので、左側から話しかけられたりしても聞こえない時があります。

原因不明の頭痛

痛みは全くなくなりました。

原因も未だ不明です。

神経痛だったのだろうか...

頭痛は、色んな場面で現れます。

歯が痛くても頭痛があるし、眼圧が上がっても頭痛があります。

何が原因があるのだと思うけれど、何が原因かが毎回わからない。

頭痛と一緒に痛かった右側の喉部分。

そして、右の後ろに出来た小さなこぶ。

それもなくなりました。

先生は、炎症でリンパが腫れてしまっていたのかもしれないけれど、今現在なくなっているなら心配ないと。

喉のしゃがれた感じもよくなっているけれど、まだ元には戻ってないです。

辛いなぁ~っと感じる時

耳が聞こえていないのは、見た目には全くわかりません。

何度も何度も呼ばれて、最後半切れで「何度も呼んでるのに!」っと文句を言われることがしょっちゅうあります。

申し訳ないとおもいつつも「耳が聞こえないので」としか言いようがなく...

たとえ聞こえない事を知っていたとしても、通常は聞こえない状態の事は理解出来ないと思います。

なので、もちろん配慮はありません(笑)

常に聞きとれるように会話に集中していても、聞きとれない時は本当に悲しくなります。

もっと聞こえたらいいのになぁ~っと。

総合的な経過は良好!

色々不便はあるものの、何よりも以前よりも聞こえるようになっている事がなにより嬉しい♪

耳はまだまだ鈍い感じで、違和感たっぷりだけれど以前にも増して大切だなぁ~っと思えるようになりました。

手術も、先生の配慮で出来る限り傷口を小さくしてくださって、見た目は小さいどころかまったく分かりません。

手術をしたような後はまったく見えないです。

耳の中はまだまだ触ってはいけないものの。

水に濡れても大丈夫だし、気圧が急激に変化しない場所なら山登りも大丈夫。

けれど、飛行機はまだ少し乗らない方がいいようです。