耳硬化症の手術の体験談を派遣社員が語るブログ

断捨離や節約そして耳硬化症の手術まで経験してしまった体験談のブログです。

女子力アップしたい!

女性ホルモン2.jpg

生理不順になったり、不正出血があったりすると「女性ホルモンのバランスが崩れたからじゃない?」っと友人と良く話をしていたように記憶します。

言葉は良く知っているけれど、実際には詳しく女性ホルモンについて調べた事はありませんでした。

周りの情報だけで大切なんだって思っているだけで、どんな風に大切でどんな障害が出て、どんな感じがするというのはやはり体験してみないとわからないものですよね。

40歳を超えて、体が変化した事によって、考えさせられる事が沢山あります。

受け入れがたいココロの問題が沢山あります。

いつまでも綺麗&健康でいたいから少し勉強が必要なのだと思います。

2種類の女性ホルモン

女性ホルモンには2種類の働きがあります。

◎エストロゲン(卵胞ホルモン)

これはより女性らしさを作るホルモンで、美のホルモンと言われているほどです。

一般的に女性ホルモンというとエストロゲンを指している事が多い。

【特徴】

・潤いとハリを保ってくれる

・代謝を促して肥満を予防

・ポジティブな思考でいられる

・骨や血管を丈夫にしてくれる

などなど。女としての魅力を磨いてくれるホルモンです。

◎プロゲステロン(黄体ホルモン)

これは母親になるための体づくりのホルモンで、排卵後から生理前にかけて分泌量が増えていきます。

【特徴】

・受精卵が着床しやすい

・皮脂分泌が盛んになるため、ニキビができやすくなる

・食欲を増進させる

・体がむくんだりする

・体温を上げる

などなど。体はちょっと大変だな〜っと思える状態になります。

この時期わたしは浮腫も多く、便秘にもなりやすくなったりします。

女性ホルモンのリズムを知ろう

女性ホルモンのリズムは4つの期間に分かれます。

大体7日間ずつです。

・生理開始から7日間(エストロゲンの分泌が増えていきます)

・8日目から14日目(エストロゲンの最高潮となります)

・15日目から21日目(プロゲステロンの分泌が増えていいき、エストロゲンが減少していきます)

・22日目から28日目(プロゲステロン分泌量が高まり、便秘は肌荒れ、イライラなど身体に影響が出たりします)

このリズムを知り、味方(ケア)にする事で綺麗&健康をキープする。

そして、女性ホルモンを増やす事が出来るなんて素晴らしいです♪

40歳を超えて一気に減少していくと言われている女性ホルモン。

身体を守ってくれているからこそ、ケアしていかなくちゃならない!

そう思っています。

以前は生理日を確認するだけに使っていた【ルナルナ】です。

これからは使い方が変わりそうです(*^^*)